セレナ 買取

セレナの買取価格をアップするためのコツは?

 

セレナの見積興味がある人

 

「そろそろ新しい車に乗り換えようかな・・・」
「車検が切れそうだし、新車購入のいいタイミングもしれない」
「かなり走りこんだ車だけど、いくらくらいなのか興味がある」

 

人それぞれ何かしらの理由があり、車を売却、もしくは見積を知りたい! と思ってこのサイトを訪問したのではないでしょうか?

 

共通することは「少しでもセレナを高く買い取ってもらう」ことだと思います
当サイトでそのための3つのポイントをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

高く売るための3つのポイント

 

 

下取りに出さない

 

下取りは買い取りに比べて格安で引き取られてしまいます。

 

その理由は値引きの中に、車体の割引と下取り額を一緒にしてしまうためです。

 

≪例:1≫

 

−30万円(車体値引き)−80万円(下取)=−110万円の値引き

 

≪例:2≫

 

 

−40万円(車体値引き)−70万円(下取)=−110万円の値引き

 

 

2つの事例で、ディーラーが嫌がるのは「例:2」です。

 

ディーラーは新車を高く売って、あなたの愛車を安く引き取りたがります。

 

例1の状態で「もっと値引きして欲しい!」とあなたが交渉した結果、

 

−30万円(車体値引き)−90万円(下取)=−120万円の値引き

 

となれば儲けもの! と言いたいですが、最初から下取り見積を安くしているため、販売側としては損をすることがありません。

 

 

得意な店舗に売却する

 

「じゃあ、近所の買取店1社に持ち込めばいいんでしょ?」

 

もちろん、それでもよいですが、相場以上の金額は期待できません。

 

実は、業者によって得意・不得意があるからためです。

 

 

A店:セレナやエスティマなどの仕入れを強化している
B店:軽自動車専門店
C店:水没車・事故車などを扱っている
D店:10万キロ以上の古い車に力を入れている
E店:ベンツやアルファロメオなどの外車専門店

 

といった場合、A社に売ったほうが高く売れる可能性が非常に高いです。

 

 

 

評価が違う

 

ポイント2にも通じますが、業者によって評価が若干変わるケースがあります。

 

例えば社外品(※ナビやホイールなど)をA店では5万円だけれど、B店では8万円といったことはよくあることです。

 

また車体のキズを大きくマイナスにする業者もいれば、甘めに査定してくれる業者もいます。

 

 

ネットの愛車一括査定サービスで効率よく

 

「たくさんの見積が欲しい!」 

 

となり、お店探しを始めよう・・・・となりますが、時間や労力がかなりかかります。

 

そこで、一括査定サービスを利用して、概算見積を一括して請求することが可能です。

 

見積を確認した結果、満足できれば自宅まで出張査定に来てもらうこともOKですし、
逆に満足できなければ、断ってもお金はかかりません。

 

 

もちろん、現車を自宅まで実に来てもらった結果、最終的な提示額に納得できなければ無理に売る必要はありません。

 

 

 

 

CM動画特集(※youtube)

 

 

 

 

 

 

日産セレナについて

 

 

1991年6月に販売をスタートした日産自動車のミニバンを代表するセレナは、20年以上、4代にわたり売れ続けてきました。

 

  1. 初代 C23型(1991年-1999年)
  2. 2代目 C24型(1999年-2005年)
  3. 3代目 C25型(2005年-2010年)
  4. 4代目 C26型(2010年-)

 

※5代目は未定のようです。

 

セレナの魅力はやはり、視界の良さでしょう。前方だけ、後方だけ、といった部分的によいわけでなく、全体に満遍なくよいため、非常にリラックスして運転することが可能です。
また燃費ですが、ハイウェイスターで15キロ程度です(※市街地を走行)

 

 

 

 

 

一括査定対応エリアのご紹介

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄